(読み)しゃく

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃく【爵】

〘名〙
① (「爵」はスズメの意) スズメをかたどった、青銅や木製の三本足の酒器。古代中国の殷・周代に青銅製のものが用いられ、身分によって神酒を受ける順序や量を区別した。
※大安寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)「銀爵壱枚」 〔礼記‐礼器〕
② 位。官位。地位。
※菅家後集(903頃)叙意一百韻「爵我空崇品、官誰只備員」
※太平記(14C後)一三「其の賞皆均しく其の爵(シャク)是同かるべき処に」
③ 爵位。
(イ) 中国古代の諸侯またはその臣下の世襲の身分階級。諸侯には、公爵、侯爵、伯爵、子爵、男爵の五等、臣下には、卿(けい)、大夫(たいふ)、士の三等があった。
※神皇正統記(1339‐43)中「魏の明元帝の代に法果と云ふ僧、安城公の爵をたまはる」 〔書経‐武成〕
(ロ) 日本で、明治憲法による華族の世襲的身分階級。公爵、侯爵、伯爵、子爵、男爵の五等があった。五爵。五等爵。
※諷誡京わらんべ(1886)〈坪内逍遙〉二「拙者儀苟も華族の爵(シャク)を汚し候限は」
(ハ) 広く、爵位や身分の称号などをいう。
※輿地誌略(1826)六「近世は諸王子及羅徳勿吉(ローデウヱーキ)十四世王の裔は、皆此爵に敍せらるを以て」

さく【爵】

〘名〙 位階。位。しゃく。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃく【爵】

中国古代の温酒器。3本足の青銅器で、殷(いん)代から代にかけて祭器として盛行した。
中国古代の諸侯またはその臣の身分を表す称号。周代には、諸侯は公・侯・伯・子・男の五等、臣下は卿(けい)・大夫(たいふ)・士の三等があった。
明治憲法で定められた華族の世襲的身分階級。公・侯・伯・子・男の五等があった。

しゃく【爵】[漢字項目]

常用漢字] [音]シャク(漢)
スズメの形をした酒器。さかずき。「罰爵」
貴族の身分を示す位。「爵位栄爵襲爵叙爵人爵男爵天爵伯爵
のり]くら・たか

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【角杯】より

…ギリシア語ではリュトンrhytonといったが,それは〈獣角〉の義であった。中国では各種の杯(飲酒器)を獣角でつくったことは,杯の名称に觚(こ),觶(し),角(爵)など,角に関係した文字があるので知られる。しかし殷(いん)の青銅器の杯はすでに相当進化していて,獣角のなごりは求めにくい。…

【酒器】より

…土器の出土品には甕,壺,坏(つき)(杯)など酒器として使用されたと推定されるさまざまなものがあるが,これらは酒にかぎらず一般の飲食器としても当然使用されていたであろう。古代中国の青銅器などに見られる爵(しやく),尊(そん)といった酒器が,なによりもまず祭祀のために用いられたことは,酒が神聖な飲料であったことからみて当然であり,今日の日本でも正月や結婚式の慶事に神酒を盛った銚子や坏など,神前の酒器で寿(ことほ)ぐのもその古制によることを示唆している。 現在では徳利を銚子と呼ぶことも多いが,徳利と銚子とはもともと別物であった。…

【青銅器】より

…青銅の使用が盛んになるに従ってその類の器は青銅製に変わってゆく。前2千年紀の中ごろ,青銅の使用が始まると同時に青銅製のものが多数作られ始めるのは大型の酒つぼ(有肩尊(ゆうけんそん)),酒を温めて注ぐための注ぎ口と三足をもった容器(爵(しやく)),酒の燗をするためのものと思われる大型の三足器(斝(か)),肉を煮るための三足のなべ(鼎(てい))である。 この時期の青銅容器は薄手に作られ,文様は凸線ないし版木のように上面の平らな幅広い帯で表され,抽象的な表現の目鼻をもった神像(饕餮(とうてつ)文)を主にし,種類の変化はあまり多くなく,簡素な感じのものである。…

※「爵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android