コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しゃくjue

4件 の用語解説(爵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


しゃく
jue

中国古代の3足の酒器。注口,角,取手がつき,殷,西周初頭に顕著にみられる。青銅製と陶製のものがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃく【爵】

中国古代の温酒器。3本足の青銅器で、殷(いん)代から代にかけて祭器として盛行した。
中国古代の諸侯またはその臣の身分を表す称号。周代には、諸侯は公・侯・伯・子・男の五等、臣下は卿(けい)・大夫(たいふ)・士の三等があった。
明治憲法で定められた華族の世襲的身分階級。公・侯・伯・子・男の五等があった。

しゃく【爵】[漢字項目]

常用漢字] [音]シャク(漢)
スズメの形をした酒器。さかずき。「罰爵」
貴族の身分を示す位。「爵位栄爵襲爵叙爵人爵男爵天爵伯爵
[名のり]くら・たか

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃく【爵】

中国古代の温酒器。先の鋭い三本足をもつ。殷時代の青銅製の祭器がよく知られる。
天子が諸侯・臣下に授与する社会的身分を表示する称号。周代には公・侯・伯・子・男の五等が諸侯に、卿・大夫・士の三等が臣下に与えられた。
栄典の一。天皇から授与されていた華族の世襲的身分階級。1884年(明治17)の華族令により、公・侯・伯・子・男の五爵を制定。1947年(昭和22)に廃止。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【角杯】より

…ギリシア語ではリュトンrhytonといったが,それは〈獣角〉の義であった。中国では各種の杯(飲酒器)を獣角でつくったことは,杯の名称に觚(こ),觶(し),角(爵)など,角に関係した文字があるので知られる。しかし殷(いん)の青銅器の杯はすでに相当進化していて,獣角のなごりは求めにくい。…

【酒器】より

…土器の出土品には甕,壺,坏(つき)(杯)など酒器として使用されたと推定されるさまざまなものがあるが,これらは酒にかぎらず一般の飲食器としても当然使用されていたであろう。古代中国の青銅器などに見られる爵(しやく),尊(そん)といった酒器が,なによりもまず祭祀のために用いられたことは,酒が神聖な飲料であったことからみて当然であり,今日の日本でも正月や結婚式の慶事に神酒を盛った銚子や坏など,神前の酒器で寿(ことほ)ぐのもその古制によることを示唆している。 現在では徳利を銚子と呼ぶことも多いが,徳利と銚子とはもともと別物であった。…

【青銅器】より

…青銅の使用が盛んになるに従ってその類の器は青銅製に変わってゆく。前2千年紀の中ごろ,青銅の使用が始まると同時に青銅製のものが多数作られ始めるのは大型の酒つぼ(有肩尊(ゆうけんそん)),酒を温めて注ぐための注ぎ口と三足をもった容器(爵(しやく)),酒の燗をするためのものと思われる大型の三足器(斝(か)),肉を煮るための三足のなべ(鼎(てい))である。 この時期の青銅容器は薄手に作られ,文様は凸線ないし版木のように上面の平らな幅広い帯で表され,抽象的な表現の目鼻をもった神像(饕餮(とうてつ)文)を主にし,種類の変化はあまり多くなく,簡素な感じのものである。…

※「爵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

爵の関連情報