コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俗別当 ゾクベットウ

デジタル大辞泉の解説

ぞく‐べっとう〔‐ベツタウ〕【俗別当】

俗人で官命を受けて寺社の事務を管理する人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の俗別当の言及

【別当】より

…大衆の推挙により官符で補任され任期は4年で,870年(貞観12)以降は解由(げゆ)の適用をうけた。このほか諸大寺には公卿,弁,史が俗別当として配属され,朝廷による保護と統制の役割を果たした。(3)諸国 808年(大同3)大宰府所管の筑前国で府官1人を官符で別当に任じ国務を執らせた。…

※「俗別当」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

俗別当の関連キーワード隅田八幡神社金剛峯寺隅田荘隅田氏別当氏寺俗人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android