俗別当(読み)ゾクベットウ

精選版 日本国語大辞典の解説

ぞく‐べっとう ‥ベッタウ【俗別当】

〘名〙 俗人で、官命を受けて寺社の事務を管理する人。地域の豪族が世襲することもあった。
※三代実録‐元慶六年(882)八月二三日「彼寺本自無俗別当、而今特置之、寺中諸事触途為損、請早従停止
※源平盛衰記(14C前)四一「告文を披かれて、又再拝ありて俗別当(ゾクヘッタウ)神祇大副卜部兼友朝臣に下し給ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の俗別当の言及

【別当】より

…大衆の推挙により官符で補任され任期は4年で,870年(貞観12)以降は解由(げゆ)の適用をうけた。このほか諸大寺には公卿,弁,史が俗別当として配属され,朝廷による保護と統制の役割を果たした。(3)諸国 808年(大同3)大宰府所管の筑前国で府官1人を官符で別当に任じ国務を執らせた。…

※「俗別当」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android