コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

告文 コウブン

デジタル大辞泉の解説

こう‐ぶん〔カウ‐〕【告文】

こうもん(告文)

こう‐もん〔カウ‐〕【告文】

神に対して申し上げること・願いごとなどを書き記した文書。つげぶみ。こうぶん。
自分の言動に虚偽のないことを、神仏に誓ったり、相手に表明したりするために書く文書。起請文(きしょうもん)。こうぶん。

こく‐ぶん【告文】

こうもん(告文)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうもん【告文】

神仏に祈願の意を述べる文書。願文と同じ機能をもつが,宣命体の文章で書かれたものを文といった。とくに天皇・上皇が即位・改元など重大なことについて,皇祖神や山陵に報告するための文書を指していうことが多く,山陵使らは,これを山陵や神前において微音で読み上げた後,焼きあげるのが本来であった。したがって,古い時代の告文は正文の形では残ることはありえない。ただ石清水八幡宮には,鎌倉初期の別当田中宗清の書写した《八幡宮寺告文部類》と題する書物が残されており,これによって平安時代の告文の書式を知ることができるし,草案の形で残されているものも少なくない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうぶん【告文】

こうもん【告文】

神仏に祈願の意を告げ奉る文。宣命体で書くのをふつうとする。こうぶん。告げ文。
天子が臣下に告げる文。こうぶん。

こくぶん【告文】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

告文
こうもん

「こうぶん」「ごうもん」とも読む。天皇から、神祇(じんぎ)に対し告げ申すことばを書き記した文の意と、臣下に告げ諭す文の意とがある。また一般には神仏への起請文(きしょうもん)、誓状(ちかいじょう)の別称としても用いられるほか、罪なき由を冥道(みょうどう)に告げ訴える文ともされる。文体は祝詞(のりと)と同じく宣命体(せんみょうたい)で書かれるのが原則。最初に述べた天皇からの告文は、正式には「御告文(ごこうもん/おつげぶみ)」という。1873年(明治6)には天皇親祭のときのものに限って御告文と称するようになり、従来、神社や山陵などに勅使が奏上した宣命は御祭文(ごさいもん)と改称された。[森安 仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の告文の言及

【告文】より

…神仏に祈願の意を述べる文書。願文と同じ機能をもつが,宣命体の文章で書かれたものを告文といった。とくに天皇・上皇が即位・改元など重大なことについて,皇祖神や山陵に報告するための文書を指していうことが多く,山陵使らは,これを山陵や神前において微音で読み上げた後,焼きあげるのが本来であった。…

※「告文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

告文の関連キーワードレン(Ludwig Renn)大嘗祭(だいじょうさい)catch copyクラシファイドサイトケマル・アタチュルクボディーコピーコピーライタールポルタージュ死線を越えて万里小路宣房ロゼッタ石買物独案内CMソング岸本 水府二階堂貞藤御告げ文秋山真之有職故実藤原宣房日野資朝

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

告文の関連情報