コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俗化 ゾッカ

デジタル大辞泉の解説

ぞっ‐か〔ゾククワ〕【俗化】

[名](スル)世俗の風潮に感化されること。下品で俗っぽくなること。「年を追って古都が俗化する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞくか【俗化】

( 名 ) スル

ぞっか【俗化】

( 名 ) スル
神聖なものや高雅なものが、世間一般の下らないものになること。俗っぽくなること。ぞくか。 「軽井沢も近ごろはすっかり-してしまった」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

俗化の関連キーワードクーパー(James Fenimore Cooper)俗・属・屬・族・粟・続・續・賊ブライアン・R. ウィルソン渡部 お糸(1代目)渡部 お糸(初代)小国神社十二段舞楽アレクサンデル6世ロマン(長編小説)天宮神社十二段舞楽クリュニー修道院イスラム武装勢力リバイバル運動巴里の屋根の下遠江森町の舞楽芸術大衆化論アンデルシュ佐山半七丸トマジウスパルーダン文芸倶楽部

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

俗化の関連情報