(読み)ショク

デジタル大辞泉の解説

しょく【俗】

[名・形動ナリ]ぞく(俗)」に同じ。
「姿悪くは、いづれも―なるべし」〈花鏡

ぞく【俗】

[名・形動]
世のならわし。その土地や時代の風俗・習慣。「に入(い)ってはに従え」
世間一般。民間。「受け」
「―では水戸の御隠居様という」〈福沢福翁自伝
民間で普通に行われること。ありふれていること。また、そのさま。「に言う」「なやり方」
高尚でないこと。いやしいこと。また、そのさま。「な趣味」「な人間」
出家していないこと。また、その人。「に還(かえ)る」「の身」

ぞく【俗】[漢字項目]

常用漢字] [音]ゾク(呉)
世間の習わし。「異俗旧俗習俗土俗風俗民俗良俗
世間一般。「俗語俗事俗字俗説俗務雅俗脱俗超俗通俗凡俗
無風流で卑しい。「俗悪俗臭俗物俗吏低俗卑俗俚俗(りぞく)
出家をしていない世間の人。「俗名還俗(げんぞく)在俗僧俗道俗
[名のり]みち・よ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞく【俗】

( 名 )
一般の世間。世の中。また、一般の人。官に対する民間、学界に対する一般の世間、仙人・聖人に対する人間など。
のうち特に仏門に対する一般の世間。また、出家していない人。 「 -にかえる」
世間のならわし。土地の風習。時代の風俗。 「人民これに由て、蛮荒野鄙の-を免るることなり/西国立志編 正直
( 形動 ) [文] ナリ 
ありふれているさま。 「 -なところがかえって受ける」
いやしいさま。下品なさま。 ⇔ 「 -な人間」 「 -なことばかり言う」 → 俗に

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょく【俗】

〘名〙 (「しょく」は「俗」の漢音) 風雅でなくありふれていること。いやしいこと。また、そのような人。
※高野本平家(13C前)三「耳を信じて目を疑ふは俗(ジョク)の常のへい也」
※花鏡(1424)幽玄之入事「姿わるくは、いづれもしょくなるべし」

ぞく【俗】

〘名〙
① 世のならわし。また、その土地の習慣。あるいは、時代の風俗。習俗。風習。
※続日本紀‐天平宝字元年(757)八月己亥「勅曰〈略〉移風易俗、莫於楽
※徒然草(1331頃)一六五「すべて我が俗にあらずして人に交はれる、見苦し」 〔易経‐漸卦〕
② 世間一般。世俗。俗世間。また、出家していない人。世間一般の人。俗人。
※続日本紀‐宝亀一一年(780)正月丙戌「緇侶行事与俗不別」
※太平記(14C後)四「古来より俗の諺曰、会稽の恥を雪(きよ)むる」
③ (形動) ごくありふれたこと。通俗的であること。また、そのさま。平凡。凡庸(ぼんよう)。あるいは、いやしく下品であること。卑近なこと。風流ではないこと。また、そのさま。
※古今(905‐914)真名序「文琳巧詠物。然其躰近俗。如賈人之着鮮衣
無名抄(1211頃)「このころ様を好む人は、中ころの躰をば『俗にちかし、見所なし』と嫌ふ」 〔戦国策‐斉策・襄王〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【雅俗】より

…〈雅〉と〈俗〉とは相対立する概念。日本でもひろく用いられるが,中国では時代による意味の変化がみられる。…

※「俗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

俗の関連情報