コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ショク

4件 の用語解説(俗の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょく【俗】

[名・形動ナリ]ぞく(俗)」に同じ。
「姿悪くは、いづれも―なるべし」〈花鏡

ぞく【俗】

[名・形動]
世のならわし。その土地や時代の風俗・習慣。「に入(い)ってはに従え」
世間一般。民間。「受け」
民間で普通に行われること。ありふれていること。また、そのさま。「に言う」「なやり方」
高尚でないこと。いやしいこと。また、そのさま。「な趣味」「な人間」
出家していないこと。また、その人。「に還(かえ)る」「の身」
「―では水戸の御隠居様という」〈福沢福翁自伝

ぞく【俗】[漢字項目]

常用漢字] [音]ゾク(呉)
世間の習わし。「異俗旧俗習俗土俗風俗民俗良俗
世間一般。「俗語俗事俗字俗説俗務雅俗脱俗超俗通俗凡俗
無風流で卑しい。「俗悪俗臭俗物俗吏低俗卑俗俚俗(りぞく)
出家をしていない世間の人。「俗名還俗(げんぞく)在俗僧俗道俗
[名のり]みち・よ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぞく【俗】

( 名 )
一般の世間。世の中。また,一般の人。官に対する民間,学界に対する一般の世間,仙人・聖人に対する人間など。
のうち特に仏門に対する一般の世間。また,出家していない人。 「 -にかえる」
世間のならわし。土地の風習。時代の風俗。 「人民これに由て,蛮荒野鄙の-を免るることなり/西国立志編 正直
( 形動 ) [文] ナリ 
ありふれているさま。 「 -なところがかえって受ける」
いやしいさま。下品なさま。 ↔ 「 -な人間」 「 -なことばかり言う」 → 俗に

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【雅俗】より

…〈雅〉と〈俗〉とは相対立する概念。日本でもひろく用いられるが,中国では時代による意味の変化がみられる。…

※「俗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

俗の関連キーワード世の習い世俗卑湿里俗言習わしかからわ・し汚らわしい所習はし習わし物習はし

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

俗の関連情報