コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保田光則 やすだ みつのり

美術人名辞典の解説

保田光則

国学者。仙台藩士。通称貞治、定次郎。大平門、河田了我門。藩黌養賢堂和学指南役。東奥国学の泰斗。和歌の領袖と称せられる。生田流弾琴の妙手なり。『和訓栞』『新撰陸奥風土記』『雅言集覧』増補等著あり。大槻如電国学最初の師。明治3年(1870)歿、74才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

保田光則 やすだ-みつのり

1797-1870 江戸時代後期の国学者。
寛政9年3月生まれ。陸奥(むつ)仙台藩士。和漢の学にすぐれ,藩校養賢堂和学指南役と藩主伊達慶邦(よしくに)の歌道師範役をかねた。明治3年3月17日死去。74歳。通称は立之助,貞治。号は渚の舎,養軒。著作に「雅言集覧増補并(ならびに)続編」「陸奥風土記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

保田光則の関連キーワード日野資始国学者