コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保科嘉一郎 ほしな かいちろう

1件 の用語解説(保科嘉一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

保科嘉一郎 ほしな-かいちろう

1765-1819 江戸時代後期の儒者。
明和2年生まれ。大坂の人。中井履軒(りけん)にまなび,のち真勢中洲のもとで易学もおさめた。日本橋の北にすみ,「易経」「老子」「荘子」にかぎって講義した。文政2年6月9日死去。55歳。号は髑髏亭。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

保科嘉一郎の関連キーワード中野碩翁ロマンス十返舎一九カルロス[4世]ゲーテ(年譜)おらが春石田春律各務文献振鷺亭林国雄

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone