信如(読み)しんにょ

朝日日本歴史人物事典の解説

信如

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:建暦1(1211)
鎌倉時代の尼。中宮寺中興開山。興福寺の学僧,璋円の娘。孤児となったのち,寛元年中(1243~47)に唐招提寺覚盛から比丘尼戒を受け,律宗の尼として出家。弘長2(1262)年に中宮寺に入寺して,同寺の復興に尽力。文永11(1274)年には法隆寺で天寿国曼荼羅繍帳を発見した。<参考文献>細川涼一『中世の律宗寺院と民衆』

(細川涼一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信如の関連情報