信如(読み)しんにょ

朝日日本歴史人物事典の解説

信如

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:建暦1(1211)
鎌倉時代の尼。中宮寺中興開山。興福寺の学僧,璋円の娘。孤児となったのち,寛元年中(1243~47)に唐招提寺覚盛から比丘尼戒を受け,律宗の尼として出家。弘長2(1262)年に中宮寺に入寺して,同寺の復興に尽力。文永11(1274)年には法隆寺で天寿国曼荼羅繍帳を発見した。<参考文献>細川涼一『中世の律宗寺院と民衆』

(細川涼一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android