信義則(読み)シンギソク

大辞林 第三版の解説

しんぎそく【信義則】

信義誠実の原則。人は社会共同生活の一員として、ある一定の事情のもとでは相手方から期待される信頼を裏切ることのないように、誠意を持って行動すべきであるという原則。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の信義則の言及

【信義誠実の原則】より

…これに対し,この信義に従い誠実に行動すべしとする規範は,人と人との間の法律生活においても,権利の行使および義務の履行にあたって,同じく行動の指導理念とされ,これに違反するときは法的にも不利益ないし制裁を課されるべきことが要請される。これが,法的規範としての信義誠実の原則,略して信義則である。この原則は,古くから裁判所や学説によって承認されてきたが,第2次大戦後,民法に明文化されるに至った(1条2項。…

※「信義則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信義則の関連情報