コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修徳神学 しゅうとくしんがく theologia ascetica

1件 の用語解説(修徳神学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

修徳神学
しゅうとくしんがく
theologia ascetica

ローマ・カトリック神学の一部門。完徳,つまり意思による神との一致にいたる手段としての個人の具体的,能動的行為を神および人々に対する愛の観点から考察する。具体的には,避けるべき罪や不完全とそのための方法としての警戒,節欲,苦業,修むべき善とその方法としての善業,祈り,黙想などが考究の対象とされ,実践的であるが,一般的,原理的な考察にとどまる倫理神学と,具体的ではあるが神の側からの働きかけに,完全に受動的にこたえる神秘的一致を対象とする神秘神学との中間に位置するとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

修徳神学の関連キーワードカトリック労働組合カトリック教会倫理神学ローマカトリック教会加特力聖ピーターローマカトリック教会セントピーターローマカトリック教会ガリグー・ラグランジュローマ・カトリック教会ローマ・カトリック教会法

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone