コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倫理神学 リンリシンガク

デジタル大辞泉の解説

りんり‐しんがく【倫理神学】

人間の霊魂を救って永遠の生命にあずかるという宗教目的に照らしてみた、人間行為のあり方を研究する神学の一部門。キリスト教における道徳と生活を研究する学問

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

りんりしんがく【倫理神学 moral theology】

カトリック神学の用語としては,人間を超自然的な究極目的(聖書にいう永遠の生命あるいは救い)へと導く人間的行為を考察する神学の一部門。プロテスタント神学でいう神学的倫理学theological ethicsにあたる。中世のスコラ神学思弁的と実践的との両側面をそなえた統一的学問としてとらえられていたが,16世紀中ごろから思弁的な〈スコラ神学〉と実践的な〈実証的・決疑法的神学〉とが区別されはじめ,やがて前者が教義神学,後者は倫理神学と呼ばれて,別個に論じられる傾向が強まった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りんりしんがく【倫理神学】

キリスト教神学の一分科。神・他人・自分に対していかなる行為が善であるかを問う。道徳神学。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

倫理神学の関連キーワードアントニヌス[フィレンツェ]レデンプトール会グレゴリウス1世キリスト教神学中浦ジュリアンカズイスチカ田口 芳五郎結城ディオゴリグオーリエスコバルマウスバハリゴリズムセルケイラザイペル修徳神学教理神学道徳神学

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android