修理職・修理大夫(読み)おさめつくるつかさ

精選版 日本国語大辞典「修理職・修理大夫」の解説

おさめつくる‐つかさ をさめつくる‥【修理職・修理大夫】

〘名〙
① 令外の。弘仁九年(八一八)七月に設置され、宮中の修理のことをつかさどった。職員に大夫、、大・少進、大・少属などがある。修理職(しゅりしき)
※二十巻本和名抄(934頃)五「職 職員令云〈〉修理職〈乎佐女豆久留豆加佐〉」
② (修理大夫) 修理職(しゅりしき)長官。従四位下相当。修理大夫(しゅりのだいぶ)
※玉葉‐嘉応元年(1169)正月七日「修理大夫訓読如何〈略〉見資仲抄也、仍召之云、修理大夫(ヲサメツクルツカサ)藤原朝臣」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android