修理職(読み)オサメツクルツカサ

デジタル大辞泉の解説

おさめつくる‐つかさ〔をさめつくる‐〕【修職】

しゅりしき(修理職)」に同じ。〈和名抄

しゅり‐しき【修理職】

平安時代、宮中などの修理造営をつかさどった令外(りょうげ)の官。おさめつくるつかさ。すりしき

すり‐しき【修理職】

しゅりしき(修理職)」に同じ。
「―、内匠寮(たくみづかさ)に宣旨下りて、二なう改め造らせ給ふ」〈・桐壺〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

修理職【しゅりしき】

818年設置された令外官和訓は〈おさめつくるつかさ〉。職掌は宮中・京内の諸施設の造営・修理。員は長官の大夫(だいぶ)以下,亮(すけ)・権亮(ごんのすけ)・大進(だいじょう)・少進・大属(だいさかん)・少属,史生(ししょう)8人ほか。826年廃されて木工(もく)寮に統合,890年木工寮と同じく大規模な常設官司として再設された。平安時代には別当(べっとう),院政期には大夫の下に年預(ねんよ)が置かれ,南北朝期には大夫を木工頭橘氏)が兼任。15世紀以降禁裏御料所山国荘の山国奉行が業務を担当するようになった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅりしき【修理職】

818年(弘仁9)7月に新置された令外官(りようげのかん)。宮内,京内の諸施設を造営・修理することをつかさどり,長官(大夫)以下四等官8人,史生8人が配されている。また《延喜式》によれば木工,瓦工,檜皮(ひわだ)工,石灰工もおり,別に木工関係として長上10人,将領22人,工部60人,飛驒工63人が配され,仕丁も227人を数える大組織である。奈良時代にすでに前身官司として修理司が設置されたことが知られ,称徳天皇発願の西大寺西隆寺の造営を契機に新設されたもののようである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

修理職の関連情報