倉田 白羊(読み)クラタ ハクヨウ

  • 倉田 白羊 (くらた はくよう)

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の洋画家



生年
明治14(1881)年12月25日

没年
昭和13(1938)年11月29日

出生地
埼玉県浦和

本名
倉田 重吉

学歴〔年〕
東京美術学校西洋画選科卒

経歴
はじめ黒田清輝、浅井忠らに師事、明治美術会、太平洋画会に参加、文展などに油絵を出品。大正4年日本美術院洋画部同人となったが後脱退、11年春陽会創立に参加、同会員となった。山本鼎が創設した日本農民美術研究所の一員として長野県上田に移り、農村美術運動を推進、信州風物詩情豊かに写実的に描いた。また児童の自由画教育にも力を注いだ。代表作に「つゆはれ」「冬」「たそがれゆく」「たき火」「冬野」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1881年12月25日
大正時代;昭和時代の洋画家
1938年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android