コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉田次郎右衛門 くらた じろうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

倉田次郎右衛門 くらた-じろうえもん

?-1703 江戸時代前期の治水家。
長崎の町年寄長崎の水不足解消のため,寛文7年銭屋川から取水する工事をはじめる。工事が難航,私財まで投じて延宝元年に完成させた。水道は倉田水樋(すいひ)とよばれる。元禄(げんろく)16年5月17日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

倉田次郎右衛門の関連キーワードムスタファ2世信仰復興運動大石良雄小野寺十内アソル(伯・侯・公家)アルンシュタットギュイヨン竹本座近松門左衛門ニュートン(Sir Isaac Newton)

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android