コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

個人加盟ユニオン コジンカメイユニオン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

個人加盟ユニオン
こじんかめいゆにおん

ひとりでも加入できる労働組合。合同労働組合の一形態である。一般的に労働組合は企業、職業、産業ごとに組織されるが、個人加盟ユニオンは所属する企業や組織、職種、雇用形態に関係なく、だれでも加入できる。不当解雇や賃金の未払い、劣悪な労働条件など、非正規や一時的な雇用関係にある個人では、対処のむずかしい労働問題の相談に応じており、全国各地にある労働組合の地域組織(地区労)や関係する労働組合と連携して対処している。
 日本で、個人加盟ユニオンの活動が本格的に始まったのは、1980年代のことである。その発端となったのは地区労の「パート110番」という相談活動で、東京都江戸川区でパートタイマーが加入できる江戸川ユニオンが結成されたことであった。それ以降、パートタイマーなどの受け皿となる組織を結成する動きが全国的に広がり、1990年(平成2)には個人加盟ユニオンの全国ネットワークとして、コミュニティ・ユニオン全国ネットワークが結成された。コミュニティ・ユニオン全国ネットワークには72ユニオンの組合員約2万人(2013年時点)が加盟し、個人加盟ユニオンの中心的な存在になっている。このほか、1999年に発足したジャパンユニオンのように、インターネット上でだれでも加入することができるサイバーユニオンもある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

個人加盟ユニオンの関連情報