個人所得(読み)こじんしょとく(英語表記)personal income

日本大百科全書(ニッポニカ)「個人所得」の解説

個人所得
こじんしょとく
personal income

国民所得諸概念の一つ。すべての所得源泉から個人が受け取る所得の総計をいう。個人所得は、賃金、給料などの雇用者所得と個人業主所得に加えて、配当利子などの個人財産所得、および社会保障費、年金恩給などの移転所得によって構成されている。国民所得との関係を示すと、国民所得から企業の内部留保法人税とを控除し、移転所得を加えたものが個人所得となっている。

[鈴木博夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の個人所得の言及

【所得】より

…これらを控除するのは,最終消費者としての政府および個人の生産活動を目的としない負債の利子は,生産要素の提供に対する所得とはみなさないという考えからである。 家計や個人企業が,移転所得をふくめて,どれだけの所得を総計で得ているかという量(個人所得)がマクロ経済的に重要になる場合が多い。この個人所得が貯蓄や消費量を最終的に規定するからである。…

※「個人所得」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android