倭訓類林(読み)わくんるいりん

精選版 日本国語大辞典「倭訓類林」の解説

わくんるいりん【倭訓類林】

江戸中期の辞書。七巻。海北(かいほう)若冲編。宝永二年(一七〇五成立。記紀以下の国書や漢籍の古訓本など二九種から和訓抄出いろに配列して割注を施したもの。付録として「倭訓指掌略」を添える。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「倭訓類林」の解説

わくんるいりん【倭訓類林】

江戸中期の辞書。7巻。海北若冲かいほうじゃくちゅう著。宝永2年(1705)成立。記紀以下の国書や漢籍の古訓本から約2万5000の和訓を集めていろは順に配列し、出典などを示す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android