コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抄出/鈔出 ショウシュツ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐しゅつ〔セウ‐〕【抄出/×鈔出】

[名](スル)必要なところを抜き出して書くこと。また、そのもの。抜き書き。「議事録から問題の箇所を―する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうしゅつ【抄出】

( 名 ) スル
一部を書き抜くこと。また、その書き抜いた部分。 「関連記事を-する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

抄出/鈔出の関連キーワード万葉集玉の小琴大乗院日記目録魚山声明六巻帖大内裏図考証いはでしのぶ鳩嶺雑事記豊後風土記中古戯場説古来風躰抄異称日本伝空華日工集文筆眼心抄一話一言公事根源天馬異聞竹橋余筆万葉集抄輿地誌略近代秀歌梁塵秘抄

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android