偏旁冠脚(読み)へんぼうかんきゃく

精選版 日本国語大辞典「偏旁冠脚」の解説

へん‐ぼう‐かん‐きゃく ‥バウクヮン‥【偏旁冠脚】

〘名〙 漢字の構成上の各部分を位置関係から名づけた名称。偏は左右構成の左部、旁はその右部、冠は上下構成の上部、脚はその下部。右の四種のほか「構(かまえ)」「繞(にょう)」などがあり、これらを含めての総称としても用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典「偏旁冠脚」の解説

偏旁冠脚

漢字を構成する部分であるへんつくりかんむりあしのこと。

[解説] 右の四種のほかかまえにょうなどをも含めた総称としても用います。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android