コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツクリ

デジタル大辞泉の解説

つくり【×旁】

漢字の構成部位の名称の一。左右の組み合わせからなる漢字の右側の部分。字形によって「刂(りっとう)」「彡(さんづくり)」などとよぶ。⇔

ぼう【旁】[漢字項目]

[音]ボウ(バウ)(呉) [訓]かたわら つくり かたがた
そば。かたわら。「旁若無人
漢字の組み立てで、右側の部分。つくり。「偏旁冠脚
広く行き渡る。「旁引博引旁証
[補説]1は「」と通用する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つくり【旁】

漢字の構成部分の名称。「部」の「⻏」、「形」の「彡」など、漢字の右側に付くもの。 ↔

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

旁の関連キーワード福井県勝山市遅羽町ほう崎文字合わせ・文字合せ取り様・取様日読みの酉攴繞・攵繞妙勧寺窓明偏旁・偏傍文字合せ百姓読み字訓詩偏継ぎ斧旁秩然朗ら大貝補説吹旁偏旁阜偏ル又

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旁の関連情報