コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

側める ソバメル

デジタル大辞泉の解説

そば・める【側める】

[動マ下一][文]そば・む[マ下二]
横に向ける。また、視線をそらす。そむける。「目を―・めたくなるようなむごさ」
わきへ寄せる。
「身ヲ―・メテ通ル」〈和英語林集成

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そばめる【側める】

( 動下一 ) [文] マ下二 そば・む
横へ向ける。特に、目をそむける。横目で見る。 「貫一は目を-・めて彼を訝いぶかりつ/金色夜叉 紅葉
かたわらへ寄せる。 「幕を捨て旗を-・めて/太平記 14

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

側めるの関連キーワード金色夜叉目・眼太平記わき

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android