コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

側副靭帯損傷 そくふくじんたいそんしょうcollateral ligament injury

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

側副靭帯損傷
そくふくじんたいそんしょう
collateral ligament injury

不安定な膝の関節部分を補強するため,膝関節を左右から締めつけるようにして,膝の横ぶれを防ぐ働きをしている側副靭帯に起きる損傷をいう。膝の障害で一番多い。靭帯は丈夫な帯状の繊維で,内側側副靭帯と外側側副靭帯があり,内側側副靭帯損傷は,スポーツや事故で膝関節が過度に外反を強制された場合に生じ,外側側副靭帯損傷より頻度が高い。圧痛,運動痛,腫脹,関節水腫,皮下出血がある。外側側副靭帯損傷は内反,屈曲,内旋を強制された場合に生じる。いずれの場合も,激しい痛みのほかに膝が極端に横に動くのですぐ判断がつく。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

側副靭帯損傷の関連キーワード膝内障

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android