側副靭帯損傷(読み)そくふくじんたいそんしょう(英語表記)collateral ligament injury

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

側副靭帯損傷
そくふくじんたいそんしょう
collateral ligament injury

不安定な膝の関節部分を補強するため,膝関節を左右から締めつけるようにして,膝の横ぶれを防ぐ働きをしている側副靭帯に起きる損傷をいう。膝の障害で一番多い。靭帯は丈夫な帯状の繊維で,内側側副靭帯と外側側副靭帯があり,内側側副靭帯損傷は,スポーツや事故で膝関節が過度に外反を強制された場合に生じ,外側側副靭帯損傷より頻度が高い。圧痛,運動痛,腫脹,関節水腫,皮下出血がある。外側側副靭帯損傷は内反,屈曲,内旋を強制された場合に生じる。いずれの場合も,激しい痛みのほかに膝が極端に横に動くのですぐ判断がつく。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

側副靭帯損傷の関連情報