コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内旋 ナイセン

デジタル大辞泉の解説

ない‐せん【内旋】

上腕大腿を、位置を変えずに、体の内側に向かって回転させる動きをいう。例えば、右上腕を、上腕骨を軸として左回りに回転させる動きがこれにあたる。→外旋
[補説]肩関節では、腕を垂らし、肘を90度曲げた状態で、前腕を体の内側に動かすとき、上腕が内旋する。股関節では、大腿を前方に上げて、膝を90度曲げた状態で、下腿を体の外側に動かすとき、大腿が内旋する。なお、上腕を固定し、前腕だけを内側に回転させる動きは、回内という。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

内旋の関連キーワード子どもの運動器の病気を見つける手がかり側副靭帯損傷ジストニーペルテス病大円筋内反足広背筋大胸筋五十肩肩関節ギアツ眼筋O脚補説回旋

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android