コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

側節足動物 そくせっそくどうぶつPararthropoda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

側節足動物
そくせっそくどうぶつ
Pararthropoda

環形動物から節足動物への進化の過程に出現したと考えられる動物群で,有爪動物 (カギムシ類) ,緩歩動物 (クマムシ類) ,舌形動物 (シタムシ類) の3門が含まれる。しかし,これらの3門の間には直接の類縁関係はなく,体制の分化がほぼ同程度であるという意味をもつにすぎないため,便宜的なまとめ方であるといえよう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の側節足動物の言及

【舌形動物】より

…人間にも寄生することがある。 体表を覆っているキチン質のクチクラを脱皮し,表皮に繊毛がないなど,節足動物の特徴も見られるが,口器や付属肢がないなどから,真の節足動物門とは別に有爪(ゆうそう)動物門,緩歩動物門とともに側節足動物Pararthropodaとして扱われている。 舌形動物には約60種が知られている。…

※「側節足動物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

側節足動物の関連キーワード舌形動物(したがたどうぶつ)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android