コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舌形動物 ぜっけいどうぶつPentastomida

5件 の用語解説(舌形動物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

舌形動物
ぜっけいどうぶつ
Pentastomida

舌形動物門を形成する種類の総称で,和名はシタムシ類。体長は一般に 1cm内外で,大型種は 30~45cmに達する。 16~130体節から成る細長い体形で,イヌ,ヤギ,ウサギ,ワニ,ヘビ,カエルカモメなどに内部寄生するが,肺に寄生するものは円筒形,鼻腔に寄生するものは背腹に扁平である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

舌形動物
したがたどうぶつ

「舌形動物 (ぜっけいどうぶつ)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

したがた‐どうぶつ【舌形動物】

動物界の一門。分類上、環形動物節足動物の中間に位置。脊椎動物に寄生し、体はふつう扁平で細長い。イヌシタムシなど。舌虫(したむし)。ぜっけい動物。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

舌形動物【ぜっけいどうぶつ】

脊椎動物の一門。シタムシとも。節足動物に近縁と思われる。体は細長く,体長1〜4.5cm。体表には多数の環節があり,前端に2対の鉤(かぎ)をもつ。体表はキチン質でおおわれ,脱皮して成長。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぜっけいどうぶつ【舌形動物 Linguatulida】

無脊椎動物の中の一動物門。〈したがた動物〉ともいう。この仲間は一般にシタムシとも呼ばれる爬虫類哺乳類,その他の脊椎動物の体内に寄生生活する。体の前端近くに口と4個の穴(くぼみ)があるところから五口類Pentastomidaと呼ばれることがある。体は細長い虫状で,長さは1~45cm。体表面には多数の環節が見られるが,真の体節構造ではない。体表はキチン質のクチクラで覆われている。頭胸部は3節からなり,前端近くの腹面に口が開き,その両側に2対のいぼ状の肢が見られるが,これが退化してかぎづめになっていることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の舌形動物の言及

【動物】より

…呼吸器官や循環器官はない。陸生の肉食脊椎動物に寄生する〈舌形動物門〉(シタムシ類,約60種)も4対の足をもつが,そのうちの2対はふつう退化する。これらは環形動物と節足動物の中間のものであろう。…

※「舌形動物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone