偶発戦争(読み)グウハツセンソウ

大辞林 第三版の解説

ぐうはつせんそう【偶発戦争】

当事者間の意志からではなく、レーダーや電子機器類の故障、情報伝達の誤り、核爆発事故など、偶然のことが契機となって起こる戦争。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

偶発戦争の関連情報