コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偶発核戦争 ぐうはつかくせんそうaccidental nuclear war

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

偶発核戦争
ぐうはつかくせんそう
accidental nuclear war

交戦の意図はないのに,機械的・人為的ミスによって引き起こされる核戦争。アメリカ合衆国とソビエト連邦の核戦略体制が全世界に及び,その作動は大幅にコンピュータ化されたために,誤作動と故障による意図せぬ核戦争の危険が増大した。そのため,アメリカとソ連は信頼醸成措置として 1963年ホット・ライン協定 (1971年,ホット・ライン改善協定) を結び,さらに 1971年には偶発的使用に対する技術的保障などを規定した「米ソ間の核戦争の発生の危険を削減する措置に関する協定」を締結した。その後も技術の高度化や意図的核戦争の可能性の低下によって,逆に偶発核戦争への関心は高まり,核危機軽減センターなどの設置が決められた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

偶発核戦争

意図せざる核戦争。兵器システムの誤作動、隕石や民生用ロケットなどを敵攻撃と誤認する識別ミス、誤報、判断の誤りなど、原因は多い。米ソ(ロ)間では、1988年より、核危機軽減センターを置くなどの措置を行ったが、偶発戦争危険性は冷戦後も減ってはいない。

(坂本義和 東京大学名誉教授 / 中村研一 北海道大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

偶発核戦争の関連キーワード米ソ核戦争防止協定偶発戦争の防止ダモクレスの剣米国の戦略核ダモクレス安部公房核抑止

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

偶発核戦争の関連情報