コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偶発核戦争 ぐうはつかくせんそう accidental nuclear war

2件 の用語解説(偶発核戦争の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

偶発核戦争
ぐうはつかくせんそう
accidental nuclear war

交戦の意図はないのに,機械的・人為的ミスによって引き起こされる核戦争。アメリカ合衆国ソビエト連邦の核戦略体制が全世界に及び,その作動は大幅にコンピュータ化されたために,誤作動と故障による意図せぬ核戦争の危険が増大した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵の解説

偶発核戦争

意図せざる核戦争。兵器システムの誤作動、隕石や民生用ロケットなどを敵攻撃と誤認する識別ミス、誤報、判断の誤りなど、原因は多い。米ソ(ロ)間では、1988年より、核危機軽減センターを置くなどの措置を行ったが、偶発戦争の危険性は冷戦後も減ってはいない。

(坂本義和 東京大学名誉教授 / 中村研一 北海道大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

偶発核戦争の関連キーワードクローズドシステムサブシステム核戦争誤作動システム家具ウエポンシステム全銀システムシステム農学会オープン・システムシステム・アナリスト

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

偶発核戦争の関連情報