作動(読み)さどう

精選版 日本国語大辞典「作動」の解説

さ‐どう【作動】

〘名〙
機械装置などの運動部分が動いてはたらくこと。また、その動き。さくどう。
※春の(1952)〈阿川弘之〉二「前部リフト格納庫へ降りかけたまま、ショックで作動しなくなった」
② 知的な機能、組織などがはたらくこと。
国語のため(1895)〈上田万年〉言語学者としての新井白石「日本人の独りだちで為した精神的作動の中では」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「作動」の解説

さ‐どう【作動】

[名](スル)機械や装置の運動部分が働くこと。「モーターが自動的に作動する」
[類語]運転働く稼働起動仕事勤労作業働き

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android