傀儡回(読み)くぐつまわし

精選版 日本国語大辞典の解説

くぐつ‐まわし ‥まはし【傀儡回】

〘名〙 中古、あやつり人形を回して見せ、またそのかたわら、曲芸や奇術なども演じてまわった一種の漂民。女は売春もしたという。のち、寺社の近くに定住して、寺社の布教の用をつとめるようになった。かいらいし。くぐつし。くぐつ。くぐるぼう。
※続類従本定頼集(1053頃)「こさむといふくくつまはしよし呼びにやり給ひけるに、遅く参りければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android