コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傍ら痛し カタワライタシ

2件 の用語解説(傍ら痛しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かたわら‐いた・し〔かたはら‐〕【傍ら痛し】

[形ク]
第三者の立場から見ていて、心が痛む。はらはらする。気の毒だ。
「この頃の御気色(けしき)を見奉る上人(うへびと)、女房などは、―・しと聞きけり」〈・桐壺〉
第三者の立場から見て、苦々しく思う。笑止だ。後世、「片腹(かたはら)痛い」と当てるようになった。
「よしとも覚えぬ我が歌を人に語りて人のほめなどしたる由いふも―・し」〈・九六〉
第三者が自分をどう思うかと気にかかる。気がひける。きまりが悪い。→片腹痛い
「いと―・けれど、頼み聞こえさするままに」〈落窪・一〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かたわらいたし【傍ら痛し】

( 形ク )
傍らで見ていて、気の毒だ。いたたまれない気がする。心苦しい。はらはらする。 「簀の子は-・ければ、南のひさしに入れ奉る/源氏 朝顔
そばで見ていて苦々しい。はたで聞いていて笑止だ。 「大方差し向かひてもなめきは、などかく言ふらむと-・し/枕草子 262
傍らの人が自分をどう思うだろうと考えると、恥ずかしい。きまりがわるい。 「 - ・く心の鬼出で来て、いひにくくなり侍りなむ/枕草子 135」 → 片腹かたはら痛い

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

傍ら痛しの関連キーワード立場異教外部監査患家第三者高みの見物縦から見ても横から見ても目線に取ってもメタ認知

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone