コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笑止 ショウシ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐し〔セウ‐〕【笑止】

[名・形動]《「勝事」からか》
ばかばかしいこと。おかしいこと。また、そのさま。「笑止の至り」「笑止の沙汰」「笑止なことを言う」
気の毒に思うこと。また、そのさま。
「老の歩みの見る目―に」〈露伴五重塔
困っていること。また、そのさま。
「あら―や、この御文の様も、頼み少なう見えて候」〈謡・熊野
恥ずかしく思うこと。また、そのさま。
「ほんにまあわしとした事が、始めての付け合ひになめたらしい、おお―」〈浄・嫩軍記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうし【笑止】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「勝事しようじ」の転という。「笑止」は当て字〕
おかしいこと。ばかばかしいこと。また、そのさま。 「 -の至りだ」 「 -なことを言う」
大変なこと。奇怪なこと。 「此事天下においてことなる-なれば/平家 1
困った・こと(さま)。 「あら-や、にはかに日暮れ大雨降りて/謡曲・蟻通」
気の毒な・こと(さま)。 「道理とも-とも、思ひやられて哀なり/浄瑠璃・曽根崎心中」
恥ずかしい・こと(さま)。 「始めての付合になめたらしい、おお-/浄瑠璃・一谷嫩軍記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

笑止の関連キーワードちゃんちゃらおかしい臍で茶を沸かす上井覚兼日記軽忽・軽骨有力な方言しらごかし傍ら痛しほてっ腹九州征伐九州征服笑止千万リンドウ片腹痛い気味好い浄瑠璃笑止し笑止顔笑止い方言やの

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

笑止の関連情報