コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笑止 ショウシ

2件 の用語解説(笑止の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょう‐し〔セウ‐〕【笑止】

[名・形動]《「勝事」からか》
ばかばかしいこと。おかしいこと。また、そのさま。「笑止の至り」「笑止の沙汰」「笑止なことを言う」
気の毒に思うこと。また、そのさま。
「老の歩みの見る目―に」〈露伴五重塔
困っていること。また、そのさま。
「あら―や、この御文の様も、頼み少なう見えて候」〈謡・熊野
恥ずかしく思うこと。また、そのさま。
「ほんにまあわしとした事が、始めての付け合ひになめたらしい、おお―」〈浄・嫩軍記

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうし【笑止】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「勝事しようじ」の転という。「笑止」は当て字〕
おかしいこと。ばかばかしいこと。また、そのさま。 「 -の至りだ」 「 -なことを言う」
大変なこと。奇怪なこと。 「此事天下においてことなる-なれば/平家 1
困った・こと(さま)。 「あら-や、にはかに日暮れ大雨降りて/謡曲・蟻通」
気の毒な・こと(さま)。 「道理とも-とも、思ひやられて哀なり/浄瑠璃・曽根崎心中」
恥ずかしい・こと(さま)。 「始めての付合になめたらしい、おお-/浄瑠璃・一谷嫩軍記」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

笑止の関連キーワード厚らか清らか愚直愚劣勝事すっからかん手柔らか馬鹿馬鹿しい馬鹿らしい馬鹿律義

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

笑止の関連情報