コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笑止 ショウシ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐し〔セウ‐〕【笑止】

[名・形動]《「勝事」からか》
ばかばかしいこと。おかしいこと。また、そのさま。「笑止の至り」「笑止の沙汰」「笑止なことを言う」
気の毒に思うこと。また、そのさま。
「老の歩みの見る目―に」〈露伴五重塔
困っていること。また、そのさま。
「あら―や、この御文の様も、頼み少なう見えて候」〈謡・熊野
恥ずかしく思うこと。また、そのさま。
「ほんにまあわしとした事が、始めての付け合ひになめたらしい、おお―」〈浄・嫩軍記

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうし【笑止】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「勝事しようじ」の転という。「笑止」は当て字〕
おかしいこと。ばかばかしいこと。また、そのさま。 「 -の至りだ」 「 -なことを言う」
大変なこと。奇怪なこと。 「此事天下においてことなる-なれば/平家 1
困った・こと(さま)。 「あら-や、にはかに日暮れ大雨降りて/謡曲・蟻通」
気の毒な・こと(さま)。 「道理とも-とも、思ひやられて哀なり/浄瑠璃・曽根崎心中」
恥ずかしい・こと(さま)。 「始めての付合になめたらしい、おお-/浄瑠璃・一谷嫩軍記」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

笑止の関連情報