笑止(読み)しょうし

精選版 日本国語大辞典「笑止」の解説

しょう‐し セウ‥【笑止】

〘名〙
※高野本平家(13C前)三「今度の御座に笑止数多(あまた)あり。先法皇の御験者、次に后御産の時御殿の棟より甑(こしき)を転かす事あり」
※易林本節用集(1597)「勝事 シャウシ 笑止」
② (形動) 困ったこと。困惑するような出来事。また、そのさま。
曲・蟻通(1430頃)「あら笑止や、にはかに日暮れ大雨降りて」
③ (形動) 気の毒に感じられること。同情すべきこと。いたましいこと。また、そのような対象のさま。
※歌謡・閑吟集(1518)「わが恋は、水にもえたつほたるほたる、ものいはでせうしのほたる」
※浮世草子・傾城色三味線(1701)大坂「はれそれは御太儀なと、笑止(セウシ)な顔はすれど」
④ (形動) ばかばかしくて、笑うべきこと。かたはらいたいこと。おかしなこと。また、そのさま。
※史記抄(1477)九「注者の其処の文字を解するばかりなば、此様な事がせうしぞ」
※湯葉(1960)〈芝木好子〉「はじめのうちは笑止なほど、畏こまって膝頭を揃えていたが」
⑤ (形動) 恥ずかしく思うこと。また、そのさま。
浄瑠璃・一谷嫩軍記(1751)四「始ての付合になめたらしい、ヲヲ笑止と、袖震ふさへ廓めかし」
[補注]①の挙例の「高野本平家‐三」の箇所は、龍谷大学本では「今度の御産に勝事あまたあり」となっており、「勝事」と表記されている。「勝」と「笑」とは本来「ショウ」「セウ」として別音であるが、平安時代末にはその発音上の区別は失われていたと考えられる。

しょうし‐・い セウシ‥【笑止】

〘形口〙 せうし・し 〘形ク〙 (名詞「しょうし(笑止)」の形容詞化) 気の毒である。また、滑稽である。おかしい。
※甲陽軍鑑(17C初)品三二「信玄公の氏政をさげすみ給ふ、とせうしく存ずる也」
[補注]「しょうし」を語幹とみて文語はク活用としたが、後の音「し」を形容詞語尾のように意識したとすればシク活用とも考えられる。

わらい‐や・む わらひ‥【笑止】

[1] 〘自マ五(四)〙 笑うことがやまる。
※浄瑠璃・生写朝顔話(1832)宿屋の段口「笑ひ止まずば手は見せぬ」
[2] 〘自マ下二〙 ⇒わらいやめる(笑止)

わらい‐や・める わらひ‥【笑止】

〘自マ下一〙 わらいや・む 〘自マ下二〙 笑うことをやめる。
※青草(1914)〈近松秋江〉四「笑ひ止めると隙(すか)さず仲居は徳利を取り上げた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「笑止」の解説

しょう‐し〔セウ‐〕【笑止】

[名・形動]《「勝事」からか》
ばかばかしいこと。おかしいこと。また、そのさま。「笑止の至り」「笑止の沙汰」「笑止なことを言う」
気の毒に思うこと。また、そのさま。
「老の歩みの見る目―に」〈露伴五重塔
困っていること。また、そのさま。
「あら―や、この御文の様も、頼み少なう見えて候」〈謡・熊野
恥ずかしく思うこと。また、そのさま。
「ほんにまあわしとした事が、始めての付け合ひになめたらしい、おお―」〈浄・嫩軍記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android