コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傘茸 からかさたけ

大辞林 第三版の解説

からかさたけ【傘茸】

担子菌類ハラタケ科のきのこ。各地の林内の地上に叢生する。傘は初め球形で、のち平開して径20センチメートルに達し、白色の海綿質の肉を露出する。食用。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

傘茸 (カラカサタケ)

学名:Macrolepiota procera
植物。ハラタケ科のキノコ

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

傘茸の関連キーワードハダイロガサ(肌色傘)ニギリタケ(握茸)海綿質白色食用

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android