コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傘踊(り)/笠踊(り) カサオドリ

デジタル大辞泉の解説

かさ‐おどり〔‐をどり〕【傘踊(り)/×笠踊(り)】

さし傘・かぶり笠を持っておどる踊り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

傘踊
かさおどり

江戸末期に始まる雨乞(あまご)い踊りで、「因幡(いなば)の傘踊」として知られる。鳥取市国府(こくふ)町はじめ因幡各地に伝承する。踊り手は偶数であれば2人から数百人まで自在であるばかりか、歌はこの地方の盆踊りに使われる口説(くどき)や民謡の『貝殻節』などリズムのあるものならひととおり使うことができる。盆の供養踊りにもなれば、行進踊りとして観光に一役買ったりもする。傘は長柄の美しいもので、鈴を多数つけ色紙の小短冊も下げて、回したときシャンシャンと音を出し色彩効果もあがるようくふうされている。踊りは横列に並び、傘を回しつつ姿勢や向きを変え、きりりと形を決めていくもので、ときに2人が1組になって絡む振りもある。県指定無形民俗文化財。[萩原秀三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

傘踊(り)/笠踊(り)の関連キーワード鳥取しゃんしゃん祭り国府(鳥取県)鳥取(市)勝川輝重天神祭鳥取県鷺娘

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android