コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貝殻節 カイガラブシ

3件 の用語解説(貝殻節の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かいがら‐ぶし〔かひがら‐〕【貝殻節】

鳥取県の民謡。鳥取市賀露(がろ)港一帯で、ホタテガイ漁の際に歌われたもの。昭和初期、浜村温泉の宣伝歌として流布。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かいがらぶし【貝殻節】

鳥取県の民謡で、帆立て貝漁の櫓漕ろこぎ唄。鳥取市賀露神社の祭礼で演じられる「ホーエンヤ舟」の舟漕ぎの掛け声をもとにして生まれた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貝殻節
かいがらぶし

鳥取県の民謡。県中北部鳥取市気高(けたか)町の沖合いでは、かつて10年または20年、30年に一度、大量のホタテガイが発生する年があり、地元ではこれを「カイガラ年」とよんできた。そのホタテガイ大発生の年には沿岸の漁師たちが、ジョレンとよばれる馬鍬(まぐわ)のような漁具を海底に沈め、数人が櫓(ろ)をこぐ底引漁でジョレンを引き上げ、中の貝をとっていた。その際、船をこぐ漁師たちの歌った労作唄(うた)が『貝殻節』である。その作業は重労働だったので、歌詞にも「何の因果で……」のつぶやきが盛り込まれたという。この民謡はのちに近くの浜村温泉で歌謡曲調としても歌われるようになった。[斎藤 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貝殻節の関連キーワード鳥取県鳥取市鳥取環境大学鳥取県立県民文化会館鳥取大丸鳥取マラソンとりぎんバードスタジアムとりぎん文化会館いなばうたびと

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

貝殻節の関連情報