コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

備中和紙

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

備中和紙[紙工芸・和紙]
びっちゅうわし

中国地方、岡山県の地域ブランド。
倉敷市で製作されている。昔から備中町(現・高梁市)の清川内地区では清川内紙と呼ばれる和紙づくりがおこなわれていた。ところが、1963(昭和38)年着工の新成羽川ダム建設により、和紙づくりを家業としていた丹下家は立ち退きを余儀なくされた。1964(昭和39)年、倉敷民芸館の初代館長・外村吉之介の招きを受け丹下家は倉敷へ移住。その頃に備中和紙と命名された。昭和40年代からは書家のために料紙の研究を始め、現在では書家に高く評価される料紙がつくられている。岡山県郷土伝統的工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

備中和紙の関連キーワード岡山県倉敷市水江中国地方

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android