倉敷市(読み)くらしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

倉敷〔市〕
くらしき

岡山県南部,高梁川下流域の中核市。 1928年市制。 1944年中洲 (なかす) 町,1950年粒江 (つぶえ) 村,1951年菅生 (すごう) 村,帯江 (おびえ) 村,中庄 (なかしょう) 村の3村,1953年西阿知 (にしあち) 町,福田町,連島 (つらしま) 町の3町,1956年藤田町をそれぞれ編入。 1967年玉島市,児島市の両市と合体。 1971年庄 (しょう) 村,1972年茶屋町,2005年船穂町と真備町を編入。中心市街地はかつて阿知潟と呼ばれた内海の湾入部にあたるが,人工的な干拓,埋め立てによる陸化の部分が多い。近世初頭以来,備中,讃岐などの江戸幕府直轄地を支配する代官所が置かれ,以後,周辺農村の米と綿花の集散地となり,児島湾に注ぐ倉敷川の上流端には白壁の土蔵が立ち並んだ。 1881年岡山紡績所,1888年倉敷紡績が創設されたのが工業化の第一歩で繊維工業都市となる。 1955年頃から臨海の水島地区に石油精製,製鉄を基幹とする臨海工業地域 (→水島工業地域 ) が形成され,岡山県南新産業都市の中心地になった。西部の玉島は備中松山藩の外港として発展した港町で,高梁川とは高瀬通しと呼ばれる運河で連絡していた。児島半島の南西部にある港町下津井は瀬戸内海航路の港,金刀比羅宮への渡船場として繁栄。味野琴浦は近世末期以来,綿と塩の集散地となり,現在は学生服,作業服の産地。農村部ではイネ,イグサのほかモモ,ブドウ,ミカンや野菜の栽培が盛ん。イグサを原料とする畳表と花莚 (→花むしろ ) の生産も盛んである。市域内には瀬戸内海国立公園に属する鷲羽山 (国指定名勝) ,六口島,王子ヶ岳のほか,大原美術館,民芸館,考古館,天文台などの文化施設がある。安養寺の木造毘沙門天立像,木造吉祥天立像,さらに遍照寺の三重塔,また旧大原家住宅や大橋家住宅はすべて国の重要文化財。六口島の象岩は国の天然記念物に指定。市域の一部は吉備史跡県立自然公園吉備路風土記の丘県立自然公園に属する。山陽新幹線が通り,山陽自動車道と瀬戸中央自動車道の合流点にあたる。面積 355.63km2。人口 47万7118(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

倉敷市の関連情報