コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

備蓄保管

1件 の用語解説(備蓄保管の意味・用語解説を検索)

流通用語辞典の解説

備蓄保管

備蓄保管には、マクロミクロの2つの見方がある。まずマクロ的には、国民経済の安定という観点から緊急時に備えて物資を備蓄することである。たとえば昭和48年(1973)秋の石油ショックを契機としてその重要性が指摘されるようになり、昭和50年12月には石油備蓄法が公布されたのがこの例。ミクロ的には、将来の需要を見越して企業が物品を備えておくことで、季節性の強い商品がその主な対象とされている。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

備蓄保管の関連キーワードミクロミクロネシア人ミクロ分析紙クロースマクロ分析ミリミクロンミクロキスティスミクログラムミクロゾームマクロ派

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

備蓄保管の関連情報