コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

備蓄保管

1件 の用語解説(備蓄保管の意味・用語解説を検索)

流通用語辞典の解説

備蓄保管

備蓄保管には、マクロミクロの2つの見方がある。まずマクロ的には、国民経済の安定という観点から緊急時に備えて物資を備蓄することである。たとえば昭和48年(1973)秋の石油ショックを契機としてその重要性が指摘されるようになり、昭和50年12月には石油備蓄法が公布されたのがこの例。ミクロ的には、将来の需要を見越して企業が物品を備えておくことで、季節性の強い商品がその主な対象とされている。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

備蓄保管の関連キーワードミクロミクロネシア人ミクロ分析紙クロースマクロ分析ミリミクロンミクロキスティスミクログラムミクロゾームマクロ派

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

備蓄保管の関連情報