債務免除(読み)さいむめんじょ(英語表記)debt reduction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

債務免除
さいむめんじょ
debt reduction

債権者が無償で債権を消滅させること。累積債務国のような過重な債務を負う債務者に対し債務を軽減すると,残存債務の市場価値が軽減額以上に高まったり,あるいは自立が早められることにより将来の資金援助必要額が減少することがある。このような場合には,債権者が自発的に債務免除に応ずる可能性がある。その一方で債務軽減措置は,返済の見込みがないにもかかわらず借りる「モラル・ハザード」の問題を生じさせたり,債務国の自助努力への意欲をそぐことになりかねない。また債務免除に応じない一部債権者がほかの債権者の債務免除によって利益を得ることを防ぐ必要もある。このため国際通貨基金 IMFなどの国際機関やパリクラブなどの場で,債権国・債務国双方が交渉したうえで免除が行なわれている。(→累積債務問題

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

債務免除の関連情報