コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

僑姓大族 きょうせいたいぞくqiao-xing-da-zu; ch`iao-hsing-ta-tsu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

僑姓大族
きょうせいたいぞく
qiao-xing-da-zu; ch`iao-hsing-ta-tsu

中国で,もと華北にいたが,西晋 (→) 末の動乱で江南に移り,東晋南朝政権の中心となった大族。東晋朝は国勢はふるわなかったが,政治構造面では征服王朝的色彩が強かった。それだけに華北からの流寓者である大姓の人々は,中央政権への依存度が強いという弱点をもちながらも,江南土着の豪族を押えて中央政府の実権を握り,東晋中期には上層貴族としての政治的・社会的地位を確立するにいたった。しかし,末の侯景の乱以後,土着豪族にその地位を奪われ,没落していった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

僑姓大族の関連キーワード呉姓大族

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android