僧院の島ライヒェナウ(読み)そういんのしまライヒェナウ

世界遺産詳解「僧院の島ライヒェナウ」の解説

そういんのしまライヒェナウ【僧院の島ライヒェナウ】

2000年に登録されたドイツの世界遺産(文化遺産)。ライヒェナウはバーデン・ヴュルテンベルク州にあるボーデン湖に浮かぶ島。島内には724年に創建されたベネディクト会修道院跡があり、聖マリア修道院、聖ペテロ・パウロ修道院、聖ゲオルク修道院など9~11世紀の修道院が残っている。聖ゲオルク修道院には「キリスト奇跡」と呼ばれる壁画などが残されている。ベネディクト会修道院の文化を残していることなどが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はMonastic Island of Reichenau

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android