コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上越 ジョウエツ

3件 の用語解説(上越の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょう‐えつ〔ジヤウヱツ〕【上越】

上野(こうずけ)越後(えちご)
新潟県南西部の地域名。かつて、越後を都に近い方から上越後・中越後・下越後と呼んだ時の南部地方の略称。現在、上越市を中心とする頸城(くびき)地方をいう。→中越下越
新潟県南西部の市。昭和46年(1971)、高田・直江津両市の合併で成立。高田はもと松平氏の城下町、直江津はその外港として発達。市西部に春日山城跡、日本スキー発祥地の金谷山(かなやさん)スキー場などがある。平成17年(2005)1月に周辺13町村を編入。人口20.4万(2010)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうえつ【上越】

上野こうずけ国と越後えちご国の併称。
新潟県南西部、日本海に臨む市。中央部を関川、保倉川などが流れ、流域に高田平野が広がる。古くから交通の要衝として発展。稲作が盛んで、金属・機械・食品工業などが発達。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県(群馬県)〕上越(じょうえつ)


①群馬・新潟両県を合わせていう名称。鉄道路線名などに用いられる。上野(こうずけ)(群馬県)と越後(えちご)(新潟県)の頭文字による。②新潟県南部の地域。上越市・糸魚川(いといがわ)市・妙高(みょうこう)市の3市の区域にあたる。中心都市は上越市。江戸時代から越後国を2分し上越後(かみえちご)・下越後とする呼称は一部でおこなわれており、明治10年代になって越後国を3区分し、都(みやこ)(現在の京都)に近い方から上越・中越(ちゅうえつ)・下越(かえつ)という呼び方が始まった。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の上越の言及

【新潟[県]】より

…新潟県は北陸地方4県の中でも面積が広く,人口も多く,雪と人とのかかわりが大きいため,防雪林,市街地の雁木(がんぎ),消雪パイプ,除雪車などが早くから整備されてきた。一方,上越市高田は日本のスキーの発祥地であり,上越線沿線や妙高高原などには多くのスキー場が開設されている。また蓄積された山地の雪は貴重な水資源である。…

※「上越」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上越の関連情報