コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上越 ジョウエツ

3件 の用語解説(上越の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょう‐えつ〔ジヤウヱツ〕【上越】

上野(こうずけ)越後(えちご)
新潟県南西部の地域名。かつて、越後を都に近い方から上越後・中越後・下越後と呼んだ時の南部地方の略称。現在、上越市を中心とする頸城(くびき)地方をいう。→中越下越
新潟県南西部の市。昭和46年(1971)、高田・直江津両市の合併で成立。高田はもと松平氏の城下町、直江津はその外港として発達。市西部に春日山城跡、日本スキー発祥地の金谷山(かなやさん)スキー場などがある。平成17年(2005)1月に周辺13町村を編入。人口20.4万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じょうえつ【上越】

上野こうずけ国と越後えちご国の併称。
新潟県南西部、日本海に臨む市。中央部を関川、保倉川などが流れ、流域に高田平野が広がる。古くから交通の要衝として発展。稲作が盛んで、金属・機械・食品工業などが発達。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県(群馬県)〕上越(じょうえつ)


①群馬・新潟両県を合わせていう名称。鉄道路線名などに用いられる。上野(こうずけ)(群馬県)と越後(えちご)(新潟県)の頭文字による。②新潟県南部の地域。上越市・糸魚川(いといがわ)市・妙高(みょうこう)市の3市の区域にあたる。中心都市は上越市。江戸時代から越後国を2分し上越後(かみえちご)・下越後とする呼称は一部でおこなわれており、明治10年代になって越後国を3区分し、都(みやこ)(現在の京都)に近い方から上越・中越(ちゅうえつ)・下越(かえつ)という呼び方が始まった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の上越の言及

【新潟[県]】より

…新潟県は北陸地方4県の中でも面積が広く,人口も多く,雪と人とのかかわりが大きいため,防雪林,市街地の雁木(がんぎ),消雪パイプ,除雪車などが早くから整備されてきた。一方,上越市高田は日本のスキーの発祥地であり,上越線沿線や妙高高原などには多くのスキー場が開設されている。また蓄積された山地の雪は貴重な水資源である。…

※「上越」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

上越の関連キーワード吉良上野介越後越後帷子越後布三碑越後兎越後市振の関越後川口景重本多上野介

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上越の関連情報