コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

僧院回廊 そういんかいろう

1件 の用語解説(僧院回廊の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

そういんかいろう【僧院回廊】

イタリア南部、シチリア島の中心都市パレルモ(Palermo)の南西8km、モンレアーレMonreale)の町に位置する、ドゥオーモ(大聖堂)に付属して建てられたベネディクト会修道院の回廊がある中庭。モンレアーレのドゥオーモは、身廊(しんろう)全体を覆うように施されたビザンチン様式の黄金のモザイクで有名な聖堂である。シチリア王国ノルマン朝の第3代国王グリエルモ2世(1153?~1189年)により1174年に建てられたが、ほぼ同時期に修道院も建設された。僧院の中庭は、1本1本に金色を主体にした華麗なモザイクの装飾が施された、合計228本の円柱がある回廊に取り囲まれているゴシック様式の庭園である。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone