コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

僭主殺害者 せんしゅさつがいしゃTyrannoktonoi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

僭主殺害者
せんしゅさつがいしゃ
Tyrannoktonoi

ギリシア彫刻。前 514年にアテネの僭主ヒッピアス (在位前 527~510) の弟ヒッパルコスを殺害したハルモディオスとアリストゲイトンを表わした記念群像。アンテノールによって制作された最初のブロンズ群像は,民主制を象徴するものとしてアゴラに建てられていたが,前 480年ペルシアのクセルクセスによってスサに運び去られた。その後,前 477年にクリティオスとネシオテスが再びブロンズ群像を制作した。いずれも原作は失われたが,後者のローマ時代模刻がいくつか残っている。ナポリ国立考古学博物館蔵の模刻は,群像全体を最もよく伝えている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

僭主殺害者の関連キーワードハルモディオスとアリストゲイトンハルモディオスヒッパルコスシンマクスヒッパルコスホルミスダスディオスクルスヒッピアス(古代ギリシアの僭主)難病の子どもシリア内戦

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android