コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すさ すさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

すさ

寸莎とも書き,「つた」ともいう。左官工事で,塗壁材料に混入する繊維質のつなぎ材。乾燥後の収縮による壁のひび割れを防止する。麻,わら,紙などの植物繊維,石綿などの無機質繊維,日本では普通使わないが,獣毛などの動物繊維のものもある。使用場所によって違うが,わらすさは日本壁用で,稲わらを切って,壁土とこね合せる。荒すさ,もみすさ,みじんすさなどがある。浜すさは地引網,漁具などの麻縄の廃品でつくったもの,南京すさはジュート麻袋をほぐしてつくったもので,ともに漆喰やプラスター壁に使う。紙すさも日本壁用で,昔は大福帳の古紙などを使ったが,いまは和紙の裁ち屑を使う。また油すさは,菜種油などをしぼるとき使用した麻袋の廃品をほぐしてつくったもので,屋根漆喰や外部土壁の漆喰塗りに使う。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

すさの関連情報