僻陬(読み)へきすう

精選版 日本国語大辞典「僻陬」の解説

へき‐すう【僻陬】

〘名〙 (「すう」は「」の慣用音。「陬」は(すみ)の意) へんぴな土地。かたいなか。僻地。へきそう。
※新聞雑誌‐四〇号・明治五年(1872)四月「又是陬(〈注〉イナカ)開化一端とも云べき奇事ならんか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報