僻陬(読み)へきすう

  • ×僻×陬

大辞林 第三版の解説

は隅すみの意
へんぴな土地。僻地。 -の地 -孤嶋/高橋阿伝夜叉譚 魯文

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「すう」は「陬」の慣用音。「陬」は隅(すみ)の意) へんぴな土地。かたいなか。僻地。へきそう。
※新聞雑誌‐四〇号・明治五年(1872)四月「又是僻陬(〈注〉イナカ)開化の一端とも云べき奇事ならんか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android