コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辺地 ヘンジ

デジタル大辞泉の解説

へん‐じ〔‐ヂ〕【辺地】

仏語。阿弥陀仏の本願に疑いをいだきながら極楽往生を願った者の生まれる所。極楽浄土の辺界の地。
中央から遠く離れた土地。インド・中国から見た日本など。
「無比の誓願をおこして、―の異域に侍り」〈平家・一〇〉

へん‐ち【辺地】

都会から離れた土地僻地(へきち)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

へんじ【辺地】

〘仏〙 極楽浄土の片隅の地。往生を願い求めながらも弥陀の本願に疑惑を抱いていた者が生まれる所。辺界。
世界の片隅にある地。 「我が朝は粟散-の境/平家 2」 → へんち(辺地)

へんち【辺地】

都会から遠く離れた土地。僻地。 「 -に赴任する」 → へんじ(辺地)

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

辺地の関連キーワード辺地共同受信施設辺地共聴施設宗教騎士団永山 一郎中尾 喜久小国[町]キャラバンデイリー川極楽浄土単級学校宮本常一中尾喜久通信教育原田泰治粟散辺地粟散辺土僻地教育極楽往生旅するアイヒ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android