辺地(読み)へんじ

精選版 日本国語大辞典「辺地」の解説

へん‐じ ‥ヂ【辺地】

〘名〙
① 仏語。彌陀の仏智に疑惑を抱きながら往生した者の生まれるところ。極楽浄土の辺界の地とも、浄土の化土ともいう。
※今昔(1120頃か)一七「地蔵菩薩の本誓・悲願、辺地・下賤を不嫌給ずと知ぬ」 〔無量寿経‐下〕
② 中心から遠く離れた地。中国やインドからみた日本の称。
※平家(13C前)一〇「無比の誓願をおこして、辺地の異域に侍べり」

へん‐ち【辺地】

〘名〙
① 都会から遠く離れた不便な土地。僻地(へきち)。かたいなか。また、辺境の地。
※文華秀麗集(818)中・折楊柳〈嵯峨天皇〉「花寒辺地雪、葉暖妓楼吹」
※夜航余話(1836)上「辺地の苦況を述る詩なれば」 〔漢書‐鼂錯伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「辺地」の解説

へん‐ち【辺地】

都会から離れた土地僻地(へきち)。

へん‐じ〔‐ヂ〕【辺地】

仏語。阿弥陀仏の本願に疑いをいだきながら極楽往生を願った者の生まれる所。極楽浄土の辺界の地。
中央から遠く離れた土地。インド・中国から見た日本など。
「無比の誓願をおこして、―の異域に侍り」〈平家・一〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android