コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒガ

デジタル大辞泉の解説

ひが【×僻】

正常でないこと。妥当でないこと。まともでないこと。多く、名詞の上に付いて、複合語の形で用いられる。「心」「事」「目」
「阿波の客が―起こして」〈浄・阿波の鳴門
(「非我」とも書く)遊里などで、無粋なこと。また、その者。やぼ。
「あの柳助といふ―は」〈洒・色深猍睡夢〉

へき【僻】[漢字項目]

[音]ヘキ(漢) [訓]ひがむ
本筋からずれて、正しくない。一方に偏する。「僻見僻説僻論
場所が中央から離れている。「僻遠僻陬(へきすう)僻村僻地
[難読]僻耳(ひがみみ)僻目(ひがめ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひが【僻】

( 名 )
名詞の上に付いて複合語をつくり、道理に合わないこと、正当でないことなどの意を表す。 「 -ごと」 「 -目」 「 -耳」
正常でない心のたかぶり。かんしゃく。 「阿波の客が-起して/浄瑠璃・阿波の鳴門」
( 形動 )
〔中世語〕 正当でないさま。変わっているさま。 「西僻とは西のはてのをかしい-な処ぞ/史記抄 10

へき【僻】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
へんぴな・こと(さま)。 「 -の又-なる千山万岳/日光山の奥 花袋
かたよっていること。 「 -をやめ邪をふせぐ/正統記 嵯峨

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

僻の関連キーワード僻・劈・壁・璧・癖・碧バックカントリー荷田春満旧宅此の世の外放題・傍題田中元勝連理秘抄戸田茂睡辛酉の獄渡辺秀実荷田春満ムーダン僻地教育古今伝授辺地教育猿田彦命地獄草紙二条良基藤原定家蕩平策

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android