儘よ(読み)ママヨ

  • ×儘よ

デジタル大辞泉の解説

[感]施すすべがなく、成り行きまかせにするときにいう語。なんとでもなれ。どうなろうと勝手にしろ。「儘よ、とにかくやってみよう」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘連語〙 (「まま(儘)」に助詞「よ」の付いたもの) 施すべき方策がなくて、物事を成りゆきにまかせる際にいう語。かまわない。なるようになれ。どうなろうとかってにしろ。「…とも(と)ままよ」の形で用いられたり、単独で感動詞のように用いられたりする。
※史記抄(1477)一七「なんとあらうとも、ままよと云て、結句まわるひゃうしには」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android