コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

優勝制度[相撲] ゆうしょうせいど[すもう]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

優勝制度[相撲]
ゆうしょうせいど[すもう]

1909 (明治 42) 年に東西制優勝制度が設けられ,夏場所 (当時は春・夏年2回の開催で 10日制だった) 前頭7枚目で7勝3分の高見山 (高砂部屋) が,現在記録に残っている優勝力士の第1号である。しかし江戸時代からの引き分け,預かりの勝負規定を廃止して個人優勝者に日本相撲協会から賜杯を授与する公式の優勝制度が確立したのは,1926年1月からである。 15日制になっての優勝第1号は,1949年夏場所で 13勝2敗の大関増位山 (出羽海部屋) である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

優勝制度[相撲]の関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門伊藤博文グリフィススバルマッキム・ミード&ホワイト安井息軒(やすいそくけん)レオポルド2世父の日ピーター・ドラッカー

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android